So-net無料ブログ作成

全身の乾燥と痒みにお悩みの方へ

特に冬場になると
肌が乾燥して全身が痒くなったりしませんか?

お風呂から上がると体が乾くに従って
だんだんと痒みが出てきて

ついつい掻きむしってしまう…

するともう全身が痒くて痒くて!

実は、全身の痒みや敏感肌など
肌トラブルというもの全般は

上手に保湿する事で肌の乾燥を防ぎ
痒みなどの肌トラブルを予防することができます。

そもそも肌トラブルというものは

肌が乾燥することで肌のバリア機能が低下して起こります。

肌のバリア機能が低下すると
アレルゲンや刺激物質が侵入して敏感になり
痒くなったり湿疹が出たりします。

だから
肌の乾燥を防ぐ事…バリア機能を十分に働かすことで
防ぐことができます。

多くの方が
全身の痒みから解放されるために
保湿対策をされますが

保湿化粧水・保湿ローション…
沢山試すのですが

なかなか肌の乾燥や痒みを抑えることは
難しいのが現実です。

ここで

上手く肌に保湿するにはポイントがありまして

このポイントを抑えて保湿することが
上手く肌の乾燥を防いで痒みを予防する事に繋がるんです。

【ポイント1】

体をゴシゴシと強く洗いすぎない

実際にはこの間違いを行ってしまっている方が
非常に多いんです。

洗顔をイメージして頂けると分かりやすいと思いますが
体も洗顔と同じく優しく肌を痛めないように洗うのが
正しい方法です。

今日から優しく体を洗うように心がけるだけで
カナリ乾燥や痒みから解放されるのではないでしょうか?

【ポイント2】

保湿化粧水やローションは体が乾く前に

保湿は体が乾いてしまってからでは遅いんです。

なぜなら

お風呂は角質細胞間脂質(主にセラミド)…いわゆる
肌バリアそのものを流してしまいます。

すると

当然、お風呂から上がって体が乾燥してしまったら
すでに肌は敏感になってしまって

もう痒くなってきます。

保湿は、そうなる前に行うものなんですよ。

今日から、お風呂から上がったら
タオルで軽く体を拭いたらすぐに保湿ケアをしましょう。

【ポイント3】

保湿有効成分は良質のセラミドのものを選ぶ

化粧水やローションと言ったものには
保湿有効成分…いわゆるセラミドが配合されているものを
選ぶ必要があります。

これは

実際に肌バリアが形成される時に材料として使われる事が
分かっているからなんです。

保湿対策として塗りこんだセラミドが
肌バリアの材料として使われるんです。

良質のセラミドを配合された化粧品を選ぶべきですよね。

特に

痒みでお悩みの方は
ビートセラミドやこんにゃくセラミドと言った
植物性セラミドが良いと思います。

【ポイント4】

保湿入浴剤を上手に利用する

お風呂って全身の乾燥や痒みに大きな影響を及ぼすんです。

肌の乾燥や痒み、湿疹、アトピー、赤み…
その他たくさんの肌トラブルを抱える方がいらっしゃいますが
その全ての方が共通して言うこと

それは

お風呂上がりに痒くなる

なんです。

それくらいにお風呂は肌を乾燥させて
痒みの原因となっているんです。

だから

お風呂に注目して対策すると
とても大きな効果を得る事ができるんです。

お風呂は肌バリアそのものを流してしまうので
保湿ができる入浴剤を利用することで
効率良く保湿スキンケアを行うことができます。

しかし
保湿入浴剤はもう使ったことがあって
痒みを防げなかったという方もいらっしゃるでしょう。

でも
恐らくその入浴剤は水道水に含まれる塩素を中和してくれる
成分は含まれていなかったのではないでしょうか?

お風呂は肌バリアを流してしまい乾燥肌の原因ですが
痒み自体の原因は水道水に含まれる塩素なんです。

だから
いくら保湿のできる入浴剤でも
塩素を中和しないと痒みを止めることはできません。

入浴剤を選ぶ際には

・保湿できるもの
・塩素を中和できるもの
・肌への刺激の少ないもの

このような特徴を持つ入浴剤を選ぶ必要があります。

また
先ほどのポイント3のように
良質のセラミドを配合しているものを選ぶと
さらに効果が高いですね。

▼▼全身の乾燥と痒みに効果的な保湿入浴剤で痒みから解放されましょう▼▼


【ポイント5】

暖房の風が肌に直接当たらないようにする

意外とやってしまう事なんですが
暖房の風が肌に直接当たるとそれはもう乾燥するに決まっていますよね?

暖房を使わずに寒い中凍えながら過ごすわけにもいかないので
暖房を使用するのは仕方ないのですが

最低限、風が直接当たらないように
気をつけましょう。

それだけでも
カナリ乾燥を防ぐことができますよ。

【まとめ】

これらのポイントはどれも簡単な事ばかりです。

意外とちょっとした事を意識するだけで
十分に保湿は上手く行きます。

高価な保湿剤を買い続けなければ痒みから解放されない訳ではないですね。

どうせお金を使うなら
保湿に十分な効果のある入浴剤に使ったほうが
高い効果を得ることができます。

ちょっとしたコツを抑えるだけで
十分に保湿が上手くいく事がお分かり頂ければ幸いです。

▼▼入浴後に体が乾く前にオススメのローション▼▼









タグ:痒み 乾燥 全身
トラックバック(0) 
共通テーマ:美容